授業風景 授業風景

new

2019年11月21日 11時43分

五十肩のパターンとは?手首や肩の痛みに対処できるようになろう!痛みの操縦法

五十肩のパターンとは?手首や肩の痛みに対処できるようになろう!痛みの操縦法

30Aクラス9月14日の講義は、痛みの操縦法⑤です。本日は前半は腰痛のおさらい、後半は手、肩の痛みに入ります腰痛は腰椎の1番から5番までと、仙腸関節、腰仙関節とありましたね。それぞれに検査法と施術法があるので、全部合わせると結構な数になります実際に使ってみると覚えられますので、何度も反復して練習しましょう臨床ではテキスト通りのやり方が適さなかったり、体格的にやりづらかったりといった場合があります。その場合の別法なども学びました手関節拇指で圧を加えるときに痛むという受講生。痛みが出る状況を詳しくみていくと、指、腕に内旋が加わるときに痛みが再現されます。そこで内旋に関わる箇所をチェックしていきます。腕が内旋気味...

続きを見る

new

2019年11月20日 15時51分

足が軽くて帰り道はスキップ⁉️そんな調整法を実践してみましょう‼️

足が軽くて帰り道はスキップ⁉️そんな調整法を実践してみましょう‼️

みなさ~んこ~んに~ちわ🤗身体均整法学園・大阪校本日の講義は筋肉操縦法・⑵『小林信伍先生』です。それではヨロシクお願いします🤲はじまりはじまり👏⭐️⭐️『開店ガラガラ』⭐️⭐️今日は昨日に続き下腿の調整から下腿の調整腓腹筋・ヒラメ筋の調整足裏を患部に当てるんですが、単に当てるのじゃ無くって絞る様にそしてポンと戻すんじゃ無くて絞ったり捻ったりしたらその通りに戻す事❗️コレがポイントですねじゃあ患部にただ当てるのと絞りながら当てるのとではどの位違うのか?受者、整者にも違いを味わってもらいます。ちょっとした操作の違いですがキチンと身に付けて行きましょう。下腿諸筋均整法なんか楽しそうでしょそんな雰囲気感じませんかこの操法は...

続きを見る

new

2019年11月20日 08時03分

快適なお通じのための操法と知識を身につける♪内臓操縦法/観歪法(15)

快適なお通じのための操法と知識を身につける♪内臓操縦法/観歪法(15)

11/7(木)内臓操縦法/観歪法(15)講師は小柳 弐魄先生夜間コース、今回は「大腸」がテーマです食べ物からの栄養を吸収する小腸から続く大腸の主な働きは水分やミネラルを吸収、便をつくること。小腸を囲むように位置する大腸。口腔から始まる全長6mの消化官のうち大腸は1.5mほどの長さがあり、盲腸・結腸・上行結腸、・下行結腸S状結腸・直腸に分けられます。余談にはなりますが、走ると左わき腹が痛くなることがありますよねメカニズムはまだハッキリと解明されていないそうですが、大腸が鋭い角度で折れ曲がっている部分(脾臓の下に位置するため脾曲(ひきょく)という)に、大腸にたまっていたガスが集まり、神経を刺激するのが原因のひとつではないか...

続きを見る

new

2019年11月20日 04時56分

筋肉操縦法での効果と危険性をシッカリ学びます‼️

筋肉操縦法での効果と危険性をシッカリ学びます‼️

みなさ~んこ~んに~ちわ🤗身体均整法学園・大阪校本日の講義は筋肉操縦法・⑴『小林信伍先生』ですそれではヨロシクお願いします🤲はじまりはじまり👏⭐️⭐️『開店ガラガラ』⭐️⭐️小林先生は学生さんとは勿論お初なんですがなんとも和やかなムードではじまりました。お客様に対して一回では良くはならないかもしれないけど、回を重ねることで調整されて行くと言う事もキチンと伝える❗️大事なので少しずつ信頼を築いて行くことにもなりリピーターさんに繋がるんだそうな。ギックリ腰の話しをしてくださったんですが実は昨日ギックリ腰の・"風雲児"になってしまったんですよ痛くて歩けなくなって地面に崩れ落ちてうずくまってギックリ腰は3日間安静が必要で後は...

続きを見る

new

2019年11月18日 23時00分

12/8(日)の「シリーズ第3弾セラピストのためのリスクマネジメントセミナー」は再募集中です♪

12/8(日)の「シリーズ第3弾セラピストのためのリスクマネジメントセミナー」は再募集中です♪

🙌12/08㈰開催🙌お申し込みがまだの方は、この機会をお見逃しなく(一社)身体均整師会学術委員会企画 安全教育関連事業セラピストのためのリスクマネジメントセミナー 第3弾【整形外科疾患 頸椎編】10月の台風で残念ながら延期となったセミナーですが、日程を変更して再募集しております*講習履修者には、修了書を発行します。 (注意)12/5(木)以降に申し込まれた方は、印刷の都合上後日郵送にて発行いたします。その場合送料(140円)を別途当日参加費とともにいただきますので、ご注意ください。 ・日程:2019/12/8(日)・時間:17:00~20:10・講師小室知貴(理学療法士 身体均整法学園講師) 小柳弐魄(鍼灸師 身体均整法学園講師...

続きを見る

new

2019年11月18日 09時01分

12月7日㈯東京校説明会です*ˊᵕˋ)੭今すぐできちゃう施術方法もお伝えしちゃいますよ♪

12月7日㈯東京校説明会です*ˊᵕˋ)੭今すぐできちゃう施術方法もお伝えしちゃいますよ♪

2020年度東京校学園説明会についてお得な情報満載なお知らせです♪この説明会では、均整法の施術を体験していただくだけでなく、実際に簡単な手技を身につけて帰ってもらいます(*希望者のみ)そして、ふだん講義を担当している先生から直接、均整法や学園について説明してもらえます・手技療法を学んでみたい方・職業にしたい方・すでに他の手技療法を学んだり資格を取得しながら技術の習得に不満や不安を抱えている方など均整法に興味をお持ちの方は振るってご参加くださいまた説明会の後、午後からの講義を見学することができるので、ナマの雰囲気も味わえちゃいますよぜひぜひお気軽に遊びにいらしてください◆日    程2019年8月3日㈯、9月7日...

続きを見る

new

2019年11月17日 09時55分

【オンライン視聴編】11/10(日)。鼻、そして頸から上を天国にする施術方法が学べるセミナー*

【オンライン視聴編】11/10(日)。鼻、そして頸から上を天国にする施術方法が学べるセミナー*

11/10(日)、今回のセミナー内容は鼻周りの調整法!現場でも開催なのですがなんと今回はzoomというオンライン視聴も導入してみることにいたしました!!>>zoomとはこのセミナーは実技講習でもありますので現場に参加することが大切だったりもするわけですが、逆に、遠いから参加できなかったり、時間があわなかったり、人によっては人のたくさんいる会場が苦手、ということもありますよね。ぼく自身がまさにこの「人が苦手」問題を抱えていますので、ぜひオンラインセミナーには力を入れてゆきたいと思っていたのでした。そういう意味でも楽しみですし、よければ今後のためにフィードバックをいただけると幸いです。内容はこちら→鼻の問題を解消...

続きを見る

2019年11月15日 07時24分

別法を使ってしっかり仙腸関節の調整を♪疼痛操縦法(6)

別法を使ってしっかり仙腸関節の調整を♪疼痛操縦法(6)

11/1(金)疼痛操縦法(6)講師は矢作 智崇先生2019B、夜間の講義は引き続き腰痛操法の講義です!上の写真はエアーの脚にふれながら説明をされる矢作先生先生の目線や手つきを見ると本当に脚があるかのようです...先生方の施術時の視線や体勢、受者との位置関係は本当に勉強になります!!ノートも取りたいけど、調整してるところを見逃したくない...小走りにノートを取りに行ったり、見やすい位置に移動したり、、今回も熱い視線で講義室は溢れていました今回は主に仙腸関節の操縦法を学びます!均整法のテキストには、「臀部が側方に張り出している腰痛=仙腸関節の腰痛」とあります臀部の左右差、観察ポイントですね_φ( ̄ー ̄ )講義中にも仙腸関節が...

続きを見る

2019年11月14日 16時50分

体型を浮き上がらせる調整法&内展とは?12種体型(8)

体型を浮き上がらせる調整法&内展とは?12種体型(8)

11/5(火)12種体型/相関(8)講師は西脇 幸宏先生前回の講義までで基本の体型調整、観察法を学びました12種体型は1種類だけ異常が観察されるのではなく、大抵3つ以上の体型は持っているのだそうです。(両親からそれぞれ受け継いだ体型と後天的な生活環境等による体型)1つの体型調整をすると次々と別の体型が出てくることもよくあります!体型を追いかけて調整をしていくと刺激過多になってしまいそうですね今回はなるべく刺激が少なくて済むように体型調整の前にしておくと便利な操法を教えていただきましたその方法とは、足関節を調整です!これで大まかなアラが取れ、調整が必要な体型が浮き出てきます足関節の調整前後で椎骨と動作を確認したところ、...

続きを見る

2019年11月13日 16時53分

人体を観る視点を増やしてトータルで調整できるようになろう!観歪法最後の講義

人体を観る視点を増やしてトータルで調整できるようになろう!観歪法最後の講義

30Aクラス10月28日の講義は、観歪法/内臓操縦法⑩です。長きに亘った観歪法の講義も、本日で最終回となります観歪法はその名前からして、そもそもは体の歪みを観る方法です。姿勢や背中の表情などから内臓の状態などを推測していくわけですね学生には課題として、問察表を使って施術を記録してきてもらいました。これを元にして、観察からどう設計を考えたか、調整をしてどう効果があったかなかったかを発表。そこに先生が観歪法的な視点から考察、各自アドバイスを貰いました単に筋骨格系から体を観るだけでなく、内臓や神経を絡めることで見えてくることも多いです。学ぶことや経験を積むことで視点はどんどん広がっていきますよ左肩上がり右肩下がり...

続きを見る

東京校

0088-22-4813(通話料無料)
03-5980-9715
東京都豊島区巣鴨2丁目11番5 第一巣鴨ビル5F
(JR巣鴨駅北口より徒歩3分)

大阪校

0088-22-4813(通話料無料)
03-5979-4814
大阪府東大阪市小阪2-11-16 久宝堂ビル3F
(近鉄奈良線 / 八戸ノ里駅 徒歩4分)